池谷豆腐店(本店)

多趣味オタクの雑記/Yahooブログから引越ししてきました

ShabeRokuのバリ違いについて

あれぇ!だれ キミは?!(クソデカ大声)

f:id:iketani-atuage:20191227153115p:plain

ということで(変化球)

今日は shaberokuのバリエーション紹介をしたいと思います。

 

 

まず製品についてですが、正式な製品名は「おしゃべりラジオロボ しゃべろく」で発売は1986年。

中にAMラジオを内蔵し、音楽や音に合わせて口を動かし、身振り手振り体を動かします。

 

所有しているものを紹介します。まず1つ目。

ドクトル トミカ仕様

f:id:iketani-atuage:20191227132644p:plain

初っ端から改造品です()

1990年代のトミカプラレールのビデオに登場した ドクトル・トミカというキャラクターに外見を寄せた仕様。ちなみに声の担当は大塚芳忠さん。

詳しく知りたい方は YouTubeとかで検索すると見れると思います。

 

2つ目

製品版 赤色

f:id:iketani-atuage:20191227132651p:plain

製品カラバリのうちの一つ 赤色です。

この子は口元のマイクが折れてます。

この場所は折れやすいらしく ジャンクのshaberokuでここが折れていない子に会えればラッキーですね。

 

3つめ

製品版 黄色

f:id:iketani-atuage:20191227132654p:plain

製品のもうひとつのカラバリ 黄色です。

単なる色替えだけでなく ボリュームのツマミやマイク部分の成型色が変えてあるのもポイント高いです。

 

4つめ

LOTTE懸賞品 ChocoRobo(チョコロボ)

f:id:iketani-atuage:20191227132659p:plain

ロッテの懸賞品で配布された(?) 茶色の子

名前も他とは違く chocorobo(チョコロボ)と名乗り 茶色の体に白と赤色のアクセントが効いた ちょっとオシャレな雰囲気な子。

 

 

5つめ

MR.D.J(海外版)

f:id:iketani-atuage:20191227132703p:plain

ミスターDJと名乗るこの子は 所謂 海外版の製品になります。

 

ボディカラーは 紺色のボディ。国内とは路線の違うクールさを感じます。

 

背面にはアンテナを格納し、国内版と違い AMとFMラジオ両対応という機能ぶり。

f:id:iketani-atuage:20191227132707j:plainf:id:iketani-atuage:20191227132708j:plain

国内版と比べるとこんな感じ。

両者とも付いてるスイッチはアクションスイッチ(体を動かす機能のオンオフ) でその上に位置してるのが、AMとFMを切り替えるスイッチです。

 

 

(番外編)まだまだ あるぞ派生製品。

未所持のためRobots - The Old Robot's Web Siteさまのサイト スクリーンショットから…。

 

NTT(電電公社)懸賞品 緑色

f:id:iketani-atuage:20191229003531j:image

綺麗な緑色この子はNTTの懸賞品で配布された(と思われる)

国内で流通した癖にあんまり詳しいことは分からない製品です…()

まだ未だにお目にかかれない存在でもあります…。

 

National ultra neo すもうロボ

f:id:iketani-atuage:20191229003535j:image

今回紹介した中では かなり異端なお相撲さんスタイルの子。

先程紹介した NTT仕様と並んで謎が多い製品です。(そもそも一般販売されたものなのか…?)

(引用元:http://www.theoldrobots.com/index.html

 

この2つは国内版でありながら 海外版よりも手に入れにくい(意味不)という一般的に考えて異端な存在なので根気よく探していきたいと思います。

 

最後に全員集合。

f:id:iketani-atuage:20191227132712j:plain

5つ同時に喋らせるとなかなか煩くなります(あたりまえ)

末永く愛好していきたいですね。(おわり)

 

 

 

今回スクリーンショットにて引用したサイト様。

トミー製の姉妹製品はもちろん、たくさんのロボット製品が掲載されてるサイトです。

もちろんShabeRokuに関しても詳しく載ってますので是非。

www.theoldrobots.com